ネジャンタンの韓国料理レシピのWOW新大久保

wow新大久保・コリアンタウンのトップログイン会員登録
wow新大久保トップ韓国の豆知識韓国料理レシピスープ・タンネジャンタン

ネジャンタン

牛の胃や腸などの内臓を煮込んだスープで様々な種類があります。
ボリューム満点で好物の内臓をガッツリ食べられて、体も温まる、冬場は重宝するお鍋です。

一般的な材料

  • ・牛の小腸 
  • ・牛の胃袋 
  • ・ギアラ 
  • ・ヒラタケ 
  • ・ダイコン 
  • ・玉ネギ 
  • ・キャベツ 
  • ・赤唐辛子 
  • ・アサツキ 
  • ・たれ 
  •  -粉トウガラシ 
  •  -濃い醤油 
  •  -みじん切りのねぎ 
  •  -みじん切りにしたニンニク 
  •  -みじん切りにしたショウガ 
  •  -砂糖

ネジャンタンの作り方

①量は刃先で黒色皮を傷つけて剥きます。

②小腸は脂肪を離して塩でもみ流水で中を掘り起こしながら洗います。

③キノコは湯がいててダイコン、玉ネギ、唐辛子は太く切って下さい。

④キャベツは大きく、アサツキは約5cmほどに切っておきます。

⑤手入れをした胃袋と小腸、ギアラは十分な水にゆでて取り出して
 残った水は出し汁で使うので脂身を取りはらいます。

⑥ホルモン類は一口大きさで、ギアラは薄く切って準備しておいたたれを
 半分使いあえます。

⑦鍋に味付けした内蔵と野菜を入れて残ったたれを入れた後、味付けをします。

⑧出し汁を注いで沸かし煮つめれば出来上がりです。

「ネジャンタン」とは?

ネジャンタンとは、「内臓汁」です。日本風に表現すると「ホルモンスープ」みたいなものです。コラーゲンとスタミたっぷりの栄養鍋です。
内臓系部位のミノ・センマイ・ギアラ・ハチノスなど色んな種類の内臓が入っている内臓鍋なので、多少クセのある香りがしますが、真っ赤な色の辛い薬味と青唐辛子をお好みで入れてモツ臭を消します。
具はわさび入りの酸味が効いたタレです。このタレがすごく合い、ネジャンタンと相性抜群です。プリッとした食感に旨みがぎっしり詰まった、具は内臓だけでなく、もやし・ぜんまいも入っています。スプーンでライスをすくい、それを汁にゆっくりしずめてひたし、雑炊チックにして食べるのもおいしいです。 ボリューム満点で内臓をガッツリ食べられて、体も温まる、冬場は重宝するお鍋です。

その他の韓国料理レシピ

ネジャンタンの関連動画

韓国の豆知識
韓国料理紹介 一覧
アルタン

太子を具として辛味に煮込む料理で、酔い覚ましに良いと言われて...

肉料理  鍋・チゲ スープ・タン 海鮮料理
ご飯 麺料理 副菜・粉食 キムチ
食品・食材紹介 一覧
ノグリ カップ

ノグリ(タヌキ)ラーメンは、韓国の最初の太麺のラーメンでしこ...

コスメ紹介 一覧
ミシャ チョボヤンクリーム

効能 保湿・エイジング 充満な栄養感と感動ある弾力感を...

韓国料理レシピ一覧

肉料理

サムギョプサル
プルコギ
デジカルビ
ポッサム
タッカルビ
タッカンマリ
チムタク
ヤンニョムチキン
ブルダック
ユッケ

 

鍋・チゲ

キムチチゲ
コプチャンジョンゴル
スンドゥブチゲ
チャムチキムチチゲ
テンジャンチゲ
トゥブチゲ
トンテチゲ
プデチゲ
チョングッチャンチゲ

 

スープ・タン

わかめスープ
カルビタン
コムタン
サムゲタン
ソルロンタン
タットリタン
チュオタン
ネジャンタン
メウンタン
テグタン
アルタン
ヘジャンクク
プゴク
ユッケジャン
カムジャタン
シレギタン

 

海鮮料理

カンジャンケジャン
ヤンニョムケジャン
サンナクチ
ナクチボックム
フェ(刺身)
ヘムルタン
ホンオフェ
アグチム
魚のチョリム
ファンテグイ

 

ご飯

ビビンバ
石焼ビビンバ
クッパ
サンパ(サンパブ)
チュク
パッチュク
トルソッパプ
ポックンパ
キムチチャーハン
キンパ(キンパブ)

麺料理

カルグッス
コングクス
冷麺
ビビン冷麺
ジャジャン麺
チャンポン

副菜・粉食

キンパ(キムパブ)
スジェビ
トックッ
トッポッキ
マンドゥ
ラミョン
ティギム
スンデ
チョッパル(豚足)
ポンテギ
ムク
チャプチェ
海鮮チヂミ
チヂミ
ケランチム
ホットク
パッピンス
コチュジャン
テンジャン
ヤンニョムジャン
チョコチュジャン
サムジャン
韓国のり
カンジャン
ナムル
チャントッ
クジョルパン
プンオパン

キムチ

キムチ
きゅうりのキムチ
カクテキ
チョンガクキムチ
ポサムキムチ
ヤンベチュキムチ
水キムチ
トンチミ
コッチョリキムチ
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 |  取材依頼 | 記事投稿
新大久保・コリアンタウン情報のWOW新大久保
Copyright(C) 2004-2017 AISE Inc. All Rights Reserved.